ジェネリック医薬品とバイアグラの話

ジェネリック医薬品って聞いたことありませんか?

バイアグラにも、ジェネリック医薬品として日本の企業が作っていますよね。

 

バイアグラが日本で発売されるようになったのは、2014年からとなっています。

バイアグラを初めて作成したのはイギリスのファイザー社という会社で、そこは特許申請を出していました。

なので世界には1998年から売り出されて流通していましたが、日本では手にいれるのは難しいものとなっていました。

 

ジェネリック医薬品というのは、本物に近づけるように色々と工夫されて作られたものであり、偽物とかそういう事ではありません。

そしてジェネリック医薬品だからといって、極端に安かったりとか、効果が薄かったりもしません。

本家の物とは違うけれど、ほぼほぼ効果は似るように作られている薬品のことを言います。

 

現在日本では、通販サイトで多くのED治療薬、バイアグラなどが販売されています。

ですがそのほとんどが、シンガポールやインドで作られたものであり、日本のジェネリック医薬品より遥かに衛生面、効果で劣る代物が多いのが現状です。

 

例えばバイアグラの表面は青緑色をしていますが、本家では食べても大丈夫なような着色料を使用していますが、偽物はただのペンキで色をつけたりしています。

また効果が確実に出るようにと、過剰に有効成分であるシルデナフィルが含まれていたり、似たような効果がある全く別の成分が含まれたりしているみたいです。

 

日本のクリニックやその他病院で、しっかりと診察を受けて処方されるED治療薬、バイアグラはまだ安全に利用出来ますが、通販サイトで売られている低価格の偽造品は、物凄く危険なのです。

 

私は本物のバイアグラを利用していますが、それでも100mのものを半分に割って利用しています。

副作用としては、顔が赤くなるほか、目まいや動機、そしてひどい時には視界が眩しく感じたり、鼓膜が膨張して音が数分聞こえなくなったりします。

 

そして私は25歳ですので、血圧異常などは最初からありませんし、比較的副作用が出にくい状態でこれです。

 

もしあなたが、高血圧であったりとか、体が弱かったり、年齢が高かったりすれば、本物のクリニックで処方されたバイアグラでも、もっと大きな副作用があることでしょう。

 

それだけ体に負担をかけてしまうバイアグラ、例え本物のジェネリック医薬品であっても、それは変わりません。

 

それなのに、安いからといって適当な所で、通販サイトでバイアグラを手に入れようと考えている場合、体に異常をきたしても仕方がないレベルだと、私は思います。

 

死んでからじゃ遅いので、しっかりとクリニックへ行ってください。

それか、別のED治療を考えてください。

 

バイアグラでの死亡例、あるみたいです。

有料アダルトサイト 比較